MENU

こどもの歯磨きについて

口の中を清潔にして、むし歯予防をするため行うこどもの歯磨きは、とても大切な生活習慣です。
大人にとっても歯磨きは大切なことですが、特に歯の入れ替わり、成長過程にあるこどもの歯磨きは特に重要です。
食事、睡眠、運動など他の生活習慣と同様に、歯磨きもこどもの成長に大切な規則正しい生活のための行為です。
そのため小さいころからこどもに歯磨きの習慣をつけておくことは大切です。
嫌がるこどもの歯磨きをすることは親にとっても大変なことで、なかなか習慣づけできない子もいます。
歯磨きは親子の触れ合いの時間として、楽しい時間になるようにしていけば親子共に歯磨きに対してストレスを感じることはなくなります。

 

こどもの歯磨きは、歯が生えはじめたら開始です。
最初に1本前歯が生えてきます。
赤ちゃんの段階でいきなりハブラシを口に入れたら嫌がって、歯磨きが嫌いになってしまいます。
最初のうちはガーゼなどを使って磨く程度で大丈夫です。
慣れてきたら少しずつ赤ちゃん用のハブラシを使って歯磨きをしてあげるようにしましょう。
普段から親が歯磨きしている様子を赤ちゃんに見せていると、歯磨きをする行為が当然だと思うようになって抵抗がなくなるかもしれません。

 

こどもが小さいうちは、主に親が膝の上に寝かせてこどもの歯磨きをしてあげます。
幼児期頃から少しずつ自分でもやらせるようにして、必ず仕上げ磨きを大人が行うようにしましょう。
一人で歯磨きができるようになるのは、小学生くらいまでにできれば大丈夫です。

 

歯磨きは、毎食後に行うのが理想的です。
しかし実際にはそこまで頻繁に行うのが難しいため、朝と夜の2回行うといいでしょう。
可能ならば昼食後にも1回できるといいです。
特に就寝前となる夜の歯磨きは丁寧に行いましょう。
睡眠時が最もむし歯になりやすいときなので、しっかりと歯磨きをしてむし歯予防をしましょう。

こどもの歯磨きを始める時期

 いつからこどもの歯磨きが必要になるのか、具体的に歯の生え方の推移と共に考えてみましょう。
こどもの歯磨きを始める時期は、歯が生え始める6ヶ月~1歳が目安と言われています。

 

6ヶ月ごろ→下の前歯が2本生える。
1歳ごろ→上の前歯4本、下の前歯4本生えて計8本になる。
1歳半ごろ→前歯の横に上下第1乳臼歯が生えて計12本になる。
2歳半ごろ→乳歯が生え揃い計20本になる。

 

最初のうちは、間食もあまりしないですし、唾液で口内の清潔はある程度保つことができるため、一生懸命歯磨きをしなくても、歯磨きに慣れさせるようにする感覚で歯磨きを始めましょう。
マイハブラシを渡してあげると喜ぶかもしれません。
ただしのどをつく危険性があるため、トレーニングブラシなど安全対策のとられているものを与えるのがおすすめです。

 

親がこどもの仕上げ磨きをするときや、幼児期以上でこどもにハブラシを使わせるときにおすすめのハブラシを紹介します。
ヘッドが小さめのもの。
毛がやわらかいタイプ、毛が密集しているもの。
毛先はギザギザカットではなくフラットカットのもの。
にぎりやすいグリップのもの。

 

仕上げ磨き用のハブラシでは、毛足の長いハブラシは避けましょう。
また毛が硬いバリバリとしたハブラシは避けましょう。
こどもが痛がって、歯磨きを嫌になってしまいます。

 

生えたばかりのこどもの歯は、未完成なのでとても弱いです。
こどもの時期にしっかりとケアをするかどうかによって丈夫でむし歯になりにくい歯へすることができます。
歯は大人になっても年をとっても一生つきあっていくものです。
こどものころからしっかりとケアしていきましょう。

虫歯の治療

虫歯治療に関する情報は歯科医のホームページなどに詳しく掲載されています。 それを読めばおおよその治療の流れは理解できるでしょう。 ただ、虫歯の進行度合いに応じて治療方法が変わります。 自分の虫歯がどのレベルにあるかを知っておくことは大切です。 ただ、歯が痛くなった時には虫歯はかなり進んでいると考えるべきです。 毎日歯磨きをしていたとしても、虫歯は避けられません。 定期的に歯科医でチェックしてもらいましょう。 歯垢を取り除くことで虫歯予防となるのですが、歯磨きで100%の除去は難しいのです。 取り切れなかった歯垢を歯科医で取ってもらうのです。 きれいな歯を維持するためには、かなりの努力が必要です。 高齢になっても自分の歯を持っている人は自慢していいのです。 子どもの時や10代の虫歯が大人になっても影響します。 きれいな歯を維持するためには若い時からの歯磨きが重要です。 虫歯の進行度合いはCの後に数字をつけて表します。 C0から始まり、C4はほとんどはが残っていない状態です。 痛みもかなりあるはずです。 歯が痛くなってから治療を始めても、できることは限られてきます。 元のきれいな歯に戻すためには差し歯をしなければなりません。 虫歯が避けられないなら、早目の治療を心掛けてください。 痛くなってからではなく、定期的な歯科医師の点検をお願いしましょう。 虫歯の治療ではなく虫歯予防のために歯科医を利用するのです。 これが本来の歯科医師の仕事です。 治療費も確実に安くなります。