サービス名 アダルトPCゲーム
フロア名 アダルトPCゲーム
カテゴリ名 アダルトPCゲーム
タイトル
如月真綾の誘惑(おねえちゃんのゆうわく)【萌えゲーアワード2018 キャラクターデザイン賞 受賞】
収録時間:
如月真綾の誘惑(おねえちゃんのゆうわく)【萌えゲーアワード2018 キャラクターデザイン賞 受賞】
商品詳細
配信開始日:2018/08/17
商品発売日:
メーカー名:hibiki works/あかべぇそふとつぅ
作家、原作者、著者名:唯々月たすく
ジャンル名:巨乳,姉・妹,恋愛,近親相姦,萌えゲーアワード2018 受賞作品,制服,デモ・体験版あり,DL版独占販売
レビュー数:20
レビュー平均点:4.60
配信価格
DOWNLOAD : 5280円
説明文

主人公の姉・真綾は、美人で人当たりも良い人気者。
サンプル画像
サンプル画像-1
サンプル画像-2
サンプル画像-3
サンプル画像-4
サンプル画像-5
サンプル画像-6
サンプル画像-7
サンプル画像-8
サンプル画像-9
サンプル画像-10
サンプル画像-11
サンプル画像-12
サンプル画像-13
サンプル画像-14
サンプル画像-15
ユーザーレビュー


★★★★★ たすく氏の原画は素晴らしい


たすく氏のファンなので買わない選択肢はないです。
こんなおねえちゃんがいたら人生バラ色でしょうねぇ(笑)
個人的に本番前のほうがエロスを感じました。
もうちょっと胸への愛撫の描写が欲しいところです。
声優さんもいい演技をしていると思います。
他のゲームにも言えることですが
ボイスの自動リピート機能があればなぁ・・・


★★★★★ 最高かよ。


最高だぜ。


★★★★★ あぁあまいあまい生活


2018.9月購入
とにかくあま~い甘々作品です。お姉さんにこれでもかというほどHに甘やかされます。
年上お姉さん好きですが実姉へのこだわり無し、Hシーンのアニメーションが無いのと
攻略キャラが一人だけというので購入を迷いまいたが、体験版をしてみてキャラ絵とCVがとても気に入ったので購入しました。
やはり購入前に体験版ができるのは良いですね。
ミドルプライスでキャラは真綾お姉ちゃん一人ですが、もう一人で充分と思わせてくれるほど甘々です。
CV桃井いちごさんもこの作品が一番あま~い声で演じられてると思います。
他社の作品でこの方の声大好きになったのですが、その作品では別名だったので体験版をプレイして同じ声優さん?
と思って調べてみたら 桃井いちご=倉下みすじ でした。
立ち絵でひょこひょこ動く演出は臨場感が出ていて楽しめました。
どちらかといえばHシーンで動く方に力を入れてほしかったですが・・・
解像度は1280×720でフルスクリーンにしてもとても綺麗です。
システム回りもとても使いやすく細かい設定もできて、このメーカーさんがとても気に入りました。
一つ前のセリフに戻る機能は画面にバックログ表示無しで好きなセリフのシーンに戻れるのが良いです。(これ以上戻れませんという箇所もあります)
AUTOモードが続いてるのかキャンセルできたのかが分かりにくいところ。
殺し文句の繰り返しで逝きたいのに、音声の無限ループ機能が無いこと。
この2点があれば完璧でした。
それでは、良いぬきぬきライフを!


★★★★★ 実用性良好


最初から弟への好感度MAXな姉の誘惑がすごい、そそる。姉モノ初心者から上級者まで使える名作かと。


★★★★☆ ただただ、実姉に甘やかされるゲームですが、「らしさ」もあります。


前作『新妻LOVELY×CATION』で、×CATIONシリーズは打ち切りにしたhibiki worksさんがどんなゲームを作っていくのか興味があったのと、絵師の唯々月たすく先生のファンなので、購入・プレイしてみての感想です。
まず、ゲームの概要を簡単に説明すると、選択肢によって、3ルートに分岐します(1回の選択肢のみで分岐するので、フラグ管理の必要はありません)が、基本的には、1本道の紙芝居型のADVとなります。各EDにも明らかな温度差があり、所謂トゥルー・ノーマル・バッドといった分類になります(明言はされてませんが、尺や後読感の都合でそういった分類にならざるを得ません)が、各ルートごとに固有エッチシーンが用意されているので、飽きることなくプレイできると思います。「らしい」なぁと思ったのは、このような1ヒロイン特化のゲームなのにバッドエンドが用意されているところで、初代ラブリケや2にも同じような仕様があったので、hibiki worksさんの作品としては必要な要素なのかもしれません。他の仕様であるUIなどに関しては、基本は前作のものを紙芝居型のADVにあわせて、各機能をオミットした状態で使用しているようで、遊び易かったと思います。また、前作で少し不評だったE-moteまわりや立ち絵の仕様などにも改善がなされており、単純にADVとしての質が向上しています。尚、エッチシーンは脅威の23シーンとミドルプライスの値段だけのことはありました。各シーンの密度も高めでした。
長くなりましたが、このゲームの肝は、たすく先生の絵でかつ、CV:桃井いちごさんのただひたすらに弟君に甘々なお姉ちゃんとイチャイチャできるところだと思います。他のユーザー様のレビューでも挙がっていますが、主人公は、ただひたすらに情けない男として描かれているので、その情けなさをも許容し、甘やかしてくれるお姉ちゃんの存在には一種のカタルシスを覚えました。一応、物語の起承転結をつけるために、主人公が甘えてばかりじゃだめだと決心する場面もあるのですが、基本的な関係性は最後まで変わらず、要は、何も解決しないエンドに近いものがあります。が、近親相姦という非日常に何も解決しないエンドという日常が混ざることによって絶妙なバランスが取れている作品と思いますので、興味があれば、是非プレイしてみて下さい。


★★★★☆ 癒しが欲しい人へ



★★☆☆☆ 期待ハズレアネスキーでも・・・


おすすめの記事