タイトル
【特別限定版あり】新妻LOVELY×CATION【萌えゲーアワード2017 話題賞 受賞】
収録時間:
【特別限定版あり】新妻LOVELY×CATION【萌えゲーアワード2017 話題賞 受賞】
商品詳細
配信開始日:2018/06/01
商品発売日:
シリーズ名:LOVELY×CATION
メーカー名:hibiki works/あかべぇそふとつぅ
作家、原作者、著者名:唯々月たすく
ジャンル名:人妻,巨乳,恋愛,デモ・体験版あり,限定版あり,萌えゲーアワード2017 受賞作品,DL版独占販売,家庭
レビュー数:21
レビュー平均点:4.10
配信価格
DOWNLOAD : 8580円
サンプル画像
サンプル画像-1
サンプル画像-2
サンプル画像-3
サンプル画像-4
サンプル画像-5
サンプル画像-6
サンプル画像-7
サンプル画像-8
サンプル画像-9
サンプル画像-10
サンプル画像-11
サンプル画像-12
サンプル画像-13
サンプル画像-14
サンプル画像-15
サンプル画像-16
サンプル画像-17
ユーザーレビュー


★★★★★ 雪たんさいこおおお


ずーーーっと雪たんが気になっていてけどフルプライスのエロゲはずれた時の喪失感半端ないので手は出していなかったんですが、今は雪たんの子供大事にしたいとしか思って無い
雪たんしかプレイしてませんが満足です


★★★★★ 好きが続く


最初に雪ルートをクリアし、他のキャラを攻略しようと思ってもやっぱり雪ルートに行ってしまうという状態(現在も)になる程ハマりました。
家庭日常モノの作品や純愛いちゃLOVEを好む人ならまず間違いなく当たりです!
追加ストーリーでは人によっては涙が出てしまうシーンもあるのではないでしょうか?
ヒロインとのいちゃいちゃ交際だけではなく、その先である甘々な結婚生活を体験できるとても素晴らしい作品でした!!
星5!!


★★★★☆ 相変わらずの周回前提


サクッとプレイ人にはオススメ出来ません。ラブリーコール+新妻の破壊力は凄まじいモノで何度か血を吐きそうになりました。ゲームの流れとしては何気ない日常の一コマなので、それが退屈に感じてしまう人は終盤になるに連れ作業ゲー感やダレが出てしまうでしょう。


★★★☆☆ 結婚生活シミレーションゲー


ラブリケ1,2を昔にプレイ済み。
まず発売当初あったバグは特に問題起きず、普通にプレイできました。
ゲーム内容は出会いから始まって結婚生活に入り、
いろいろと生活の中で起こりうる問題を丁寧にシミュレートしてるなぁといった印象。
丁寧ではあるけれど特に大波乱が起きるでもなく(相応のイベントはあります)、
このシリーズをプレイしてる人ならそういうゲームだと納得できるかもしれないけれど、
初プレイだと多少退屈に感じるかも。
システム的には結婚後にHシーンを解放するのに行動を選択することになるのですが、
イベントにランダム要素があってなかなかスマートにはいかず、
試行回数が増えると作業感がありました。
絵は期待を裏切らず、流石の出来でした。


★★★★☆ 初代ラブリケや2が楽しめた方におすすめです。


xCATIONシリーズの最新作にして最終作(予定)と謳われ、発売された当作品ですが、当初はあまりにもバグが多いことが話題になっていたため、見送っていた方も多いことかと思います。筆者もその一人で、初代および2のファンだったこと、絵師さんが唯々月たすく先生に戻るなどの理由で、興味はあったのですが、バグ問題が落ち着くまで待っていました。DMMさんの方で購入できるverは1.10のもので、バグフィックスは1.06の段階でほとんど済んでいると伺いましたので、購入・プレイしてみての感想です。
まず、自環境の問題もあるとは思いますが、細やかなバグ(仕様?)は残っていて、具体的には、主人公のプロフィールの血液型がA型以外設定できない。各セーブデータとプロフが紐づけされていないので、リスタート時にプロフをいじると全てのデータに反映されてしまう。難易度をノーマルでスタートしても、セーブデータ上はイージーとして扱われるので、元々自己満足要素だった難易度選択がデメリットしかなくなっている、など粗を探せば幾らでも見つかりそうでしたが、進行不能バグなど致命的なバグはフィックスされており、筆者のように細かいところが気になるような人でなければ、問題なくプレイできると思います。
内容については、初代および2に近く、ADVにSLG要素を強めに追加したかたちで、例えるならば、「18禁要素を追加して、難易度をものすごく下げたと〇メモ」と言った感じです。また本作は2部構成で、1部目のヒロインとの出会いから結婚までは従来のxCATIONシリーズと同様、SLGパートでマップを選択しアイテム収集を行い、主人公のパラメーターを上げていきます。2部目は結婚から妊娠までを描いており(アペンドで出産まで描かれます)、SLGパートも、基本は4択なのですが、少しランダム性のあるものに変化します。Hシーンは2部目に集中しており、かつ基本は自発的に発生させる方式に変わったため、パラやフラグ管理が煩雑となり、恋愛SLG好きでないと少しきびしいかと感じました。
長くなりましたが、初代や2はかなりSLGパートに力を入れていたので、同様に2作のゲーム性好きな方におすすめです。シナリオについてはinsider先生が参加されていないのが残念ですが、実力のあるライターさんが参加されているので、高水準で纏まっているように感じました。


★★★☆☆ いやぁ、結婚て本当にいいもんですね(遠い目)


ヒロインがとても可愛く描かれていますが、総評として、原画家さんに頼り過ぎています。
Hシーンの数は多いですが、ほとんどが差分ありCG1枚のためアッサリ感が否めません。フィニッシュを中出しに選択しても、ぶっかけてから中出しする場合があるのが悲しかったです。エロゲの主人公たちは皆2、3発は余裕ですし、せっかく中出し固定をチョイスできるなら連続中出しさせてあげてください。可哀そうです。
CG回想において陰毛の有無設定が反映されないため、陰毛有り無し全ての差分が出てくるため煩わしい。細かいことですが陰毛の有無は好き嫌いがはっきり分れるのでちゃんと反映してほしいです。
ラブリーコールですが、デフォルトの名前が響なのに、普通に「ひびきさん」がないことだけ、ちょっと気になりました。それ以外は特筆することはありません。結構なウリ要素なのでしょうが、過信してはいないでしょうか?
公式でアペンドがいくつか配信されていますが、せっかく遅れて出たDL版なのですから、既出のアペンドは適用済みで配信してほしかったです。ちょっと優しくないです。
ゲーム難易度がイージーとノーマルの2種類ありますが、必要性を感じません。そもそもこのゲームは可愛い新妻に名前を呼ばれながら爛れた新婚生活を送ることを目的としているはずです。だというのに、そこらのRPGより遥かに多いステータス項目、これまたそこらのRPGのようなアイテムの数々、しかもゲームをクリアするとまた一からになるという鬼畜仕様・・・異なる新妻を攻略するのならアリかもしれませんが、イベントを回収できなかったために再び同じ新妻ルートを選ぶということが億劫になってしまいました。遊びやすさに配慮しているとは言い難いシステムです。
星1でも多すぎですが、雪ちゃんの星5の可愛さにより星3です。仕事の得意先でJKと知り合って仲良くなって結婚とか・・・いかにもゲームって感じで安心します。
しかし、雪ちゃんのお父さんは声が若すぎて威厳が全く感じられません。むしろ違和感が凄すぎて雪ちゃんの可愛さが霞むレベルでした。
 せっかくパっと見の華やかさがあるのですから、それに負けない遊びやすさや細やかさを伴ってくれれば最強だと思いました。色々、残念!でもこんな新婚生活はしてみたいですね、相手は到底見つかりそうにないですが。。


★★★★★ 最高です


バグのひどい有様を知らずに発売からそこそこの時間を経てから購入しましたが、個人的には不満もなく幸せなひと時が過ごせるのでとてもおススメです、作中のイベントで過去のCATIONシリーズの舞台に行き、その作品のヒロインの気配もおぼろげに感じ取れたりとファンサービスも多々あります
不満を述べるとしてもとあるヒロインのHシーンでのセリフ回しなどが過去作に比べてエロゲしすぎるようなヌキゲーのような感覚がしますがそれは個人の感覚も伴うので参考程度に
バグがひどかったのはもう過去の話、きちんとアップデートを行えば十二分に楽しい作品ですので購入を検討している方はぜひご購入ください


★★★★☆ 今までの作品全部やってますが…


たすくさんが久しぶりに原画を担当し非常に期待していましたがシナリオとかその辺はもう正直どうでも良かったです…バグなどもひどかったですから…
ただやはりキャラが可愛いとにかく可愛いし愛子先生のルートではほかのキャラに比べて不遇ではありますが、元々ほかの作品に比べてシーン数自体が多いので私は気になりませんでした。たすくさんがいい仕事していたので+2で


★★★★★ ×CATIONシリーズの集大成であり最高傑作かも


【良かった点】
◎期間は2年間(出会い-知人-恋人-結婚-出産)と長いが間延びした感は全く無く、ヒロインを3人に限る事で奇をてらわずに『新婚』をテーマにほのぼのしたゲームに仕上がっている。
◎Hシーンは基本的に後半の新婚編で和姦のみだがヒロイン毎に13~15種類とボリュームもある。
◎その他にも良い点が多く、
声優の高い演技力、ヒロインがアニメみたいに動くE-Mote(立ち会話のみ)、
任意に設定した名前を合成音では無く本当に声優が呼んでくれるラブリーコール、
後日談を愉しめるアペンド(6話×3人)等。
【残念な点】
●声優が名前を呼んでくれて嬉しいラブリーコールだが、数百種類に及ぶ名前リストにシナリオ全般で対応するのは不可能なので、どのヒロインも「あなた」「だんなさま」が多用されたり敢えて名前を呼ばないセリフ回しになっているケースが目立つのは残念。
個人的にはラブリーコールで賄いきれない部分は無音・字幕で良いから名前を入れて欲しかった。
●ダウンロード版はパッケージ版よりもだいぶ遅れて発売される為に、パッケージ版発売と同時期に出ていたゲーム雑誌に附録された特別アペンド(1話×3人)を遊びたくても古すぎて入手が困難。
【総評】
ゲームとして考えた場合 どの選択肢を選んでもストーリーそのものに差は無く、シナリオ自体も普通の社会人の範疇で起きそうな事が描かれているだけなのでドラマティックな展開を期待する人には物足りないかもしれないが、徐々に近づくヒロインとの距離感や会話を楽しめる人には オススメの良作。

おすすめの記事